Mac / メール

  • ※ 以下の手順は、メール バージョン8.xの画面を使用してご案内しています。
1. Dockから [ メール ] を起動します。
  • ※ Dockに [ メール ] がない場合は、[ アプリケーション ] から [ メール ] を起動してください。

 [ メール ] を起動

2. 「その他のメールアカウントを追加」にチェックを入れ、[ 続ける ] をクリックします。
  • ※ 以下の画面が表示されない場合は、メニューの [ メール ] → [ アカウントを追加 ] をクリックして画面を表示します。

「その他のメールアカウントを追加」にチェック

3. 以下の通り設定し、[ 作成 ] ボタンをクリックします。

以下の通り設定

氏名 送信者としての名前を入力します。
メールアドレス メールアドレスを入力します。
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は●で表示されます。)

メールパスワードがご不明の場合

メールパスワードがご不明な場合は、以下のページをご覧ください。

4. メッセージウインドウが表示されます。
  • ※ メッセージウインドウが表示されず、「アカウントを手動で設定する必要があります」と表示された場合には、以下の手順で操作してください。

メッセージウインドウ

5. [ メール ] メニューから [ 環境設定 ] をクリックします。

[ メール ] メニュー

6. 画面上部の [ アカウント ] → [ アカウント情報 ] の順にクリックし、以下の通り設定します。
設定したら、「送信用メールサーバ(SMTP)」に表示されているサーバー名をクリックして、[ SMTP サーバリストを編集 ] をクリックしてください。

アカウント情報

説明 このアカウントについての説明を任意で入力します。
(例:@nifty)
メールアドレス メールアドレスを入力します。
氏名 名前を入力します。
受信用メールサーバ pop.nifty.com
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は●で表示されます)
7. [ アカウント情報 ] をクリックして以下の通り設定します。

以下の通り設定

説明 このアカウントについての説明を任意で入力します。
(例:@nifty)
サーバー名 smtp.nifty.com
TLS証明書 なし
8. [ 詳細 ] をクリックして以下の通り設定し、[ OK ] をクリックします。

[ 詳細 ] をクリック

アカウント設定を自動的に検出して管理
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックします。
ポート 587
  • ※ メール 7.xを利用の場合、「カスタムポートを使用」にチェックを入れて、「587」に設定します。
SSL(Secure Sockets Layer)を使用 チェックしません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は*または●で表示されます)

メールアカウントあるいはパスワードがご不明な場合は、以下のページをご覧ください。

9. 「アカウント」に戻ります。[ 詳細 ] をクリックして以下の通り設定し、左上の [ クローズ ] ボタンをクリックします。

「アカウント」画面

アカウント設定を自動的に検出して管理
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックします。
新規メッセージを自動的に受信するときに含める チェックします。
メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除 必要に応じて設定します。
プルダウンメニュー メールを削除する期間を設定することができます。
メッセージのサイズが●●KBを超えるときに警告する 任意に設定します。
ポート 110(規定値)
SSLを使用 チェックしません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
セキュリティ保護されていない認証を許可
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックしません。
10. 以下の画面が表示されたら、[ 保存 ] をクリックします。

[ 保存 ] をクリック

以上で設定完了です

1. 受信メールサーバの情報画面で以下の通り設定し、[ 次へ ] ボタンをクリックします。

受信メールサーバの情報画面

アカウントの種類 「POP」を選択します。
メールサーバ pop.nifty.com
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は●で表示されます)
2. 「追加のアカウント情報が必要です」と表示されたら、[ 次へ ] ボタンをクリックします。

「追加のアカウント情報が必要です」と表示

3. 以下の通り設定し、[ 次へ ] ボタンをクリックします。

以下の通り設定

ポート 110
SSLを使用 チェックを入れません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
4. 送信メールサーバの情報画面で以下の通り設定し、[ 作成 ] ボタンをクリックします。

送信メールサーバの情報画面

SMTPサーバ smtp.nifty.com
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は*または●で表示されます)

メールパスワードがご不明の場合

メールパスワードがご不明な場合は、以下のページをご覧ください。

5. 「追加のアカウント情報が必要です」と表示されたら、[ 次へ ] ボタンをクリックします。

「追加のアカウント情報が必要です」と表示

6. 以下の通り設定し、[ 作成 ] ボタンをクリックします。

以下の通り設定

ポート 587
SSLを使用 チェックを入れません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
7. メッセージウインドウが表示されることを確認します。

メッセージウインドウ

8. [ メール ] メニューから [ 環境設定 ] をクリックします。

 [ メール ] メニュー

9. 画面上部の [ アカウント ] → [ アカウント情報 ] の順にクリックし、以下の通り設定します。
設定したら、「送信用メールサーバ(SMTP)」に表示されているサーバー名をクリックして、[ SMTP サーバリストを編集 ] をクリックしてください。

 [ アカウント ] → [ アカウント情報 ] の順にクリック

説明 このアカウントについての説明を任意で入力します。
(例:@nifty)
メールアドレス メールアドレスを入力します。
氏名 名前を入力します。
受信用メールサーバ pop.nifty.com
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は●で表示されます)
10. [ アカウント情報 ] をクリックして以下の通り設定します。

アカウントの情報

説明 このアカウントについての説明を任意で入力します。
(例:@nifty)
サーバー名 smtp.nifty.com
TLS証明書 なし
11. [ 詳細 ] をクリックして以下の通り設定し、[ OK ] をクリックします。

[ 詳細 ] をクリック

アカウント設定を自動的に検出して管理
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックします。
ポート 587
  • ※ メール 7.xを利用の場合、「カスタムポートを使用」にチェックを入れて、「587」に設定します。
SSL(Secure Sockets Layer)を使用 チェックしません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
ユーザ名 メールアカウントを入力します。(例:abc12345)
パスワード メールパスワードを入力します。
(文字は*または●で表示されます)

メールアカウントあるいはパスワードがご不明な場合は、以下のページをご覧ください。

12. 「アカウント」に戻ります。[ 詳細 ] をクリックして以下の通り設定し、左上の [ クローズ ] ボタンをクリックします。

「アカウント」画面

アカウント設定を自動的に検出して管理
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックします。
新規メッセージを自動的に受信するときに含める チェックします。
メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除 必要に応じて設定します。
プルダウンメニュー メールを削除する期間を設定することができます。
メッセージのサイズが●●KBを超えるときに警告する 任意に設定します。
ポート 110(規定値)
SSLを使用 チェックしません。
認証 [ パスワード ] を選択します。
セキュリティ保護されていない認証を許可
  • ※ メール 8.xの場合のみ
チェックしません。
13. 以下の画面が表示されたら、[ 保存 ] をクリックします。

[ 保存 ] をクリック

以上で設定完了です

インターネット接続トラブル

正しく設定しているはずなのに接続できない、そんな場合はトラブルシューティングで解決方法を見つけてください。

まかせて365

お客様のパソコン・スマートフォン画面を、専用ツールで確認しながらサポートするリモートサポートや、ご自宅で設定代行する訪問サポートで「パソコンの調子が悪い」「スマートフォンの使い方がわからない」などをお手伝い。

サイト内検索